1. HOME
  2. 言寄せ
  3. 未分類
  4. 12月22日3つの善きこと

12月22日3つの善きこと

2019年12月22日(日)
なぜかいつもより早く目が覚めました。
なぜかスケジュール帳を開き、今日のところを見ると
「冬至」
「天一天上」
「巳の日」
と自分で書いておりました。笑

とてもいい日のようですので、シェアいたします。

冬至

冬至は言わずもがな、エネルギーが変わるときです。
日照時間が日に日に短くなっていく「陰」の周期から
日照時間が日に日に長くなっていく「陽」の周期へと変わる
折り返し地点の日です。

太陽神のご加護を受けやすくなり
「静」から「動」へと変わるのに良いとき。
今までやりたいことが進みにくかったり
閉じこもりがちだったり、陰にこもっていた人は
動きやすくなる周期へと変わる時期です。

 

 

 

 

 

 

今までの自分を終わらせるかのように
「でん」をついて逆向きに進むことができるタイミング。
そして昼と夜の時間が同じになる春分の日まで
今日の過ごし方が3ヶ月間影響しそうです。
気分よく過ごすことに努めたいですね。

冬至はゆず、南瓜、小豆粥が良いとされています。
邪気を祓い、体を温める作用があります。
つまり「陽」のパワーなので
取り入れることによって流れに乗りやすくなります。
柑橘類に体を温める効果があるので、
ゆずがなければ他のものでもいいと思います。
オレンジのアロマオイルでもいいかも♡

天一天上

吉方位を気にする人には良い時期の始まりです。
天一神は天と地との間を往復し、四方を規則的に巡る神さまです。
方位の神さまで、60日周期のうち44日間は下界の八方を巡り過ごされます。
天一神さまがいる方角は物事が塞がりやすく、避けたほうがよい方角とされます。

ところが天一天上の日から16日間は
天一神さまが天に帰られるため「方角の障り」がなくなります。
そのためどの方角に進んでも災いがないとされる期間。
今回は2020年1月6日まで。
準備を始めたいですね。

 

巳の日

巳の日とは縁起の良い吉日のことですが、
特に「金運財運に良い日」とされています。
巳の日の巳とは蛇のことです。
蛇は財運を司っている動物で、
神様の象徴としてとても大切にされてきました。

己巳の日(つちのとみのひ)というのがあり
60日に一度巡ってきますが
巳の日は弁財天に縁のある日ということで
12日ごとにやってきます。

 

 

 

 

 

 

冬至、天一天上、そして2019年最後の巳の日なので
弁財天さまにご挨拶するといいかもしれません。
近くの弁財天にお参りに行ってもいいですし
銭洗と言ってお金を洗うといいそうです。
ジャブジャブ洗うというより、
一万円札の端っこを濡らして乾かす程度。
お金に対する意識が大切なのだと思います。

また、今年の汚れを祓うつもりでお財布の中を綺麗にしたり
来年用の新しいお財布をおろす日としていいですね。
今年の家計の収支をするのもいいかもしれません。
心の中で弁財天さまとつながって来年の計画を立てましょう。

弁財天は女性の神さまで嫉妬深いそうなので
カップルでお参りするのは避けた方がいいそうですよ。

まとめ

こういう日はお願いごとを紙に書くのがいいですね。
漠然と思うのと、言葉にするのは大違い。
何事も言葉なしに現象に現れないためです。
さらに文字にするのは手から体に伝える作業です。
覚えてなくても体が覚えて導いてくれるのです。
(頭は覚えていない方が叶いやすい)

「感謝していること」
「手放したいこと」
「来年の自分の願い」
「未来の公の願い」
神さまは公の存在なので、大我の意志にご加勢くださいます。
ぜひ書いてみてください。

関連記事