1. HOME
  2. 歴史
  3. 独自の家族観

独自の家族観

倭の時代、卑弥呼が国王だった頃
日本は争いごとがなく、
家族がみな仲良く健康に暮らしていたという

倭の時代、卑弥呼が国王だった頃
日本は争いごとがなく、
家族がみな仲良く健康に暮らしていたという

日本は世界一幸福な
「子どもの国」

 江戸時代後期や明治時代初期に来日した外国人が、日本の印象を本や日記に残しています。「世界中で日本ほど、子どもが大切に取り扱われ、子どもに深い注意が払われる国はない」「子どもたちはニコニコしていて、朝から晩まで幸せである」「これほど自分の子どもを可愛がる人々を見たことがない」と言われ、子どもの玩具と遊戯が豊富で、学業もすべての子どもに行き渡っていたことが語られています。

 また、多くの外国人に深く印象に残っているのが、母と子の姿です。「なぜこの国は母親はこれほどまで子どもに甘く、子どもも母親にベッタリなのか。」「母親はいつ何時も子どもを叱ることなく、はいはい、〇〇さんわかりましたよと丁寧に対応する。」「町を見ると、母親は幼子を背負い、一方の手でもう一人の子どもと手をつなぎ、そしてやや大きめの子どもが母親の着物の袂を掴んでいる。そんな光景をいたるところで見る。」と。

経験は永遠となり
時を超えて
受け継がれる

 日本の母子の関係はとても強いんですね。ところが戦後、産業革命に入り、人々は名誉や裕福さを求めて会社に尽くしました。その親が子どもにしつけをするとどうなるでしょう?幸せを願うからこそ、優劣や勝ち負けなど特有の価値観を与えてしまうのではないでしょうか。今、その影響によって精神的にも肉体的にも疲弊している中高年が多くなっています。

 介護においては、愛は時に、依存や犠牲を生むことがあります。人ひとりの人生は点のようですが、点は線になり、やがて円を描き循環します。心で感じたことは永遠の魂に刻み込まれ、時を超えて受け継がれてゆくのです。もし断ち切ることができるならば、それもまた時を超え、すべてが清らかになることでしょう。家族とは大地そのものです。