1. HOME
  2. お知らせ
  3. 「真の健康の教え」お便りお届けします

「真の健康の教え」お便りお届けします

「真の健康の教え」をメールでお届けします。

活動の目的

社会の健康を目的に活動しております日本ナースオーブは、真の健康を知っていただくために、病気の根源についてもお伝えしております。大半の病気は何年何十年と続く日常生活によって生じますが、生活習慣はなかなか変え難いものです。また不治の病、生まれ持った病、重度の後遺症、さらに介護・認知症など、医療で解決できないことが多く生じています。私どもは病気を見るより人を見て、治すよりも苦から救われることを目的としております。

病気ってなに?

病気の理由の半分は自分自身にありますが、残りの半分は無意識の部分、目に見えない作用によって引き起こされています。日本には昔から八百万の神々の存在があり、山の神、水の霊などが存在するように、私たち人間も目に見える世界だけでなく、霊界に身を置いています。しかしながらその身魂を扱うことができるのはご自身でしかありません。

健康ってなに?

健康は根の根であり、文化そのものです。とくに努力して獲得するものではありませんが、戦後の西洋支配により本来の文化を失ってしまった今の日本は、学び、少し努力して取り戻す必要があると感じております。よって日本ナースオーブは2600年前の建国あるいはもっと古い縄文時代にまで遡り、「争いごとがなく家族みなが仲良く健康に暮らしていた」と言われる和の叡智を元にして、健康をお伝えしています。

具体的にどんなこと?

「言霊学」という、今まで一般に公開されていない天皇の学問を共有します。宮中祭祀を預かる神道の教えを、政治介入されていない江戸末期までの方法で実践します。神秘的な体は「魂」であり「器」です。そして、神秘的な心によって身魂が磨かれ、「霊」が「結び」の働きをします。病気はあまり良ろしくない霊の結びと言えるでしょう。それを「祓い」「鎮魂」し「言霊」の力によって現象に変化をもたらす試みです。

日本に予言書があるのをご存じですか?<国之常立神>という国を整備する高級神霊からのお告げが、昭和19年に岡本天明の自動職によって下ろされました。驚くべきことに戦争の真っただ中、原爆が投下される前年に「この戦は負け戦だ」と告げています。そして「この戦には続きがある」として、終戦時に自決を思い留まった若い兵士が多くいたとのことです。日本ナースオーブでは毎日少しずつ、この『日月神示』を配信させていただいております。

こんなことも可能です

逆に言えば、身魂を磨き神霊と結びを起こして、金銭面、男女関係、ビジネスにおいて良いご縁を結ぶことも可能です。病気になれば人生のあらゆることが崩壊してしまいますが、健康は人生のあらゆることを満たします。「心=体=魂=器」は時空を超えて私たちの基盤を成すものです。ゆっくりと川を下るような心持ちで、ご自身と家族、そして社会のためにイヤシロチをつくりましょう。

ご登録